NOOSA 2 NOSE RIDER MODEL
(Single Box) 

Length: 9’ 6” (289.5 cm)
Width:   23 11/16 (60.1 cm)
Thickness: 2 3/4 (6.99 cm)
Finished: Tint, Buff 
Price: \294,000 (税込)
Shaper:   Kevin Connelly
【板紹介】
ノーズライダーモデルの中で最もノーズを意識したモデルで、究極のノーズライダーと言っても過言ではない一本。テイクオフの安定性、ノーズへ行った時の安定感は最高 です!          *初心者の方には販売をお断りしております。
CUTLASS MODEL 
(Center Box, Side: Future Stabilizer) 

Length: 9’ 0” (274.3 cm)
Width:   22 7/8” (58.1 cm) 
Thickness: 2 3/4” (6.99 cm)
Price: \257,250 (税込)
Shaper: Kevin Connelly
    
【板紹介】
今期NEW MODEL!このモデルはHi-Performance Nose Riderの進化系で、全体的に少しワイドな感じになっていますが、パフォーマンスにおいても十分信頼していただけます!このモデル、今話題の“QUAD仕様”もオーダーしていただけます☆
CUTLASS MODEL 
(Center Box, Side: Future Stabilizer) 

Length: 9’ 1” (276.8 cm)
Width:   22 7/8” (58.1 cm) 
Thickness: 2 3/4” (6.99 cm)
Price: \257,250 (税込)
Shaper: Kevin Connelly
    
【板紹介】
こちらのCUTLASSは、何気にボトムのデザインにこだわりました♪センターからノーズにかけての安定感はお墨付き!さらにボトムはピンテールで回転性をもたせた、究極のオールラウンドボードです!
ALL ROUND ELEGANCE 
(Single Box) 

Length: 9’ 6” (289.5 cm)
Width:   23” (58.42 cm) 
Thickness: 3” (7.62 cm)
Finished: Tint, Buff
Price: \246,750 (税込)
Shaper:   Yoshinori Ueda 
【板紹介】
オールラウンドモデルだが、ノーズを意識したシェイプ。ノーズとテールが若干ワイドにシェイプされていて、よりノーズライディングが楽にできる。テールエンドにエッジもしっかり入っているので、同時にアップスやターンもイージーにできる優れものです!
NEW SCHOOL NOSE RIDER MODEL
(Single Box) 

Length: 9’ 6” (289.5 cm)
Width:   23 3/8” (59.3 cm)
Thickness: 2 13/16” (7.14 cm)
Finished: Tint, Abstract 
Price: \273,000 (税込)
Shaper:   Kevin Connelly
【板紹介】
ノーズライダーモデルの中の少しオールラウンドよりのモデル。テールサイドにエッジがほどこされ、ターンがしやすく・尚且つバッチリノーズも決められます!
HI PERFORMANCE NOSE RIDER MODEL
(Center Box, Side: Future Stabilizer) 

Length: 9’ 2” (279.4 cm)
Width:   22 13/16” (57.9 cm)
Thickness: 2 13/16” (7.14 cm)
Price: \257,250 (税込)
Shaper:   Kevin Connelly
【板紹介】
ノーズライダーとパフォーマンスを融合させたニューモデル。現在のロングボードに求められる動きと、ノーズライディングを可能にした一本。サイドFutureスタビ+センターにフライ7.0〜8.0を使用し、ボトムのノーズにスプーンコンケーブを装備しています。
LOW RAIL BLUES MODEL
(Center Box, Side: Future Stabilizer) 

Length: 9’ 2” (279.4 cm)
Width:   22 3/4” (57.8 cm)
Thickness: 2 7/8” (7.3 cm)
Price: \236,250 (税込) 
Shaper:   Yoshinori Ueda 
【板紹介】
“ローレイル・ブルース”70年代のショートボードとロングボードの融合がコンセプト。70年代に多く見られたショーとボードデザインをロングボードに応用することで、余分な浮力からくるフワフワとした感覚をなくし、ターンの時にスピーディーに水をカットしてくれるのり味が楽しめます♪